ブログ

  • 屋根現場監督のブログ in 千葉

    千葉県の皆さまこんにちは!
    このページでは千葉県内の現場調査や工事現場の様子をご案内しています。天気や時事など、雨漏りとは関係のない内容もありますのでご了承ください。 なかなか他のページで案内できない職人の仕事ぶりもブログページで書き込みたいと思っています。定額屋根修理の高い工事品質を知ってもらう良い機会になれば嬉しいです。

    dsc_0993d
    職人の工事技術は超一流の腕前です。
  • 千葉市 葺き替え屋根調査

    千葉市 葺き替え屋根調査土葺きセメント瓦の雨漏り調査-千葉市花見川区

    千葉県花見川区の雨漏り修理に関するお問い合わせをいただきました。 既存の屋根はセメント瓦で建築後60年が経過しています。 当初は解体を想定していたようですが、解体費用を含む諸経費や申請手続きなどを考えた結果、葺き替え工事を希望されるようになったようです。 ご依頼主は残り20年保てば良いとのお考えなので、最も低価格の工事をご提案いたします。 軒裏にはハチがたくさん発生していました。 ハチの巣らしいものがありましたが、5月の下旬にハチの巣を本格的に作り出すようで大きな駆除作業もなく対処することができました。

  • 40年が経過したセメント瓦からの雨漏り調査-松戸市

    2017年1月30日の千葉県はまるで春のように暖かいです。 Tシャツ姿の人もチラホラ見かけます。 ここまで暖かいと温暖化が気になってしまいます。。。 本日の2件目の現場は建築後、40年が経過したセメント瓦です。 セメント瓦の寿命は20年から30年とされているので、改修工事が必要な時期が迫っています。 尚、セメント瓦は現在、製造されていません。 セメント瓦のリフォーム方法は、やはり軽量金属屋根瓦の葺き替えです。 おすすめは成型ガルバリウム鋼板屋根(屋根瓦の形をした断熱材付き金属屋根、ガルテクトや横暖ルーフなど) ですが、ご予算の関係で瓦棒や立平なども選択可能です。

  • スレート瓦の雨漏り調査-千葉県市川市

    こんちは!本日はとても晴れた一日です。 1月にも関わらず、関東地区は気温が20度近くにまで達する模様です。 本日最初のお客様宅は千葉県船橋市の戸建て住宅です。 への字型の少し特殊な形をした屋根です。 既存電線を避けるためにデザインされたようです。 屋根の形にも色々な事情があって形作られます。 当社にご連絡いただく1週間前に、雨漏りが発生したようです。 2階の屋根裏から雨染みが確認できました。 照明器具の隙間から水が垂れてきたようです。 漏電の危険性もあるため、できる限り早く雨漏りを直す必要があります。 早速、屋根に上り現場確認します。 !!!!!! 一瞬

  • スレート瓦が落下した住宅の調査・見積作成-千葉市

    こんにちはテイガク屋根修理チバの現場工事部、山崎です。 本日は船橋市に続いて、千葉市でも現場調査&見積り作成のご依頼を頂戴していました。 1日合計で3件の現場調査を行いました。 旧屋根材はコロニアルネオです。 石綿が含有していないスレート瓦の中では最も流通している商品です。 ある日突然、庭先にスレート瓦が1枚落下したようです。 幸い、事故にはなりませんでしたが、不安が残るため安全確認をいたします。