40年が経過したセメント瓦からの雨漏り調査-松戸市

2017/01 40年が経過したセメント瓦からの雨漏り調査-松戸市

2017年1月30日の千葉県はまるで春のように暖かいです。
Tシャツ姿の人もチラホラ見かけます。
ここまで暖かいと温暖化が気になってしまいます。。。

本日の2件目の現場は建築後、40年が経過したセメント瓦です。
セメント瓦の寿命は20年から30年とされているので、改修工事が必要な時期が迫っています。
尚、セメント瓦は現在、製造されていません。

セメント瓦のリフォーム方法は、やはり軽量金属屋根瓦の葺き替えです。
おすすめは成型ガルバリウム鋼板屋根(屋根瓦の形をした断熱材付き金属屋根、ガルテクトや横暖ルーフなど)
ですが、ご予算の関係で瓦棒や立平なども選択可能です。

屋根が軽くなり耐震性能も向上します。

セメント瓦の改修工事はテイガク屋根修理にご相談ください~。
見積作成は無料です!

 

 

 

 

 

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

雨漏り修理事例最新記事