瓦棒を葺き替えて雨漏りが改善した工事事例

瓦棒を葺き替えて雨漏りが改善した工事事例

瓦棒の雨漏り修理について

瓦棒でよく使用している素材は亜鉛メッキ鋼板です。
亜鉛メッキ鋼板は錆に弱い素材です。(尚、現在は耐久性の高いガルバリウム鋼板が使用されています。)
亜鉛メッキ鋼板の屋根は施工後、10年で錆が発生し、雨漏りが発生するといったことも少なくありません。

瓦棒を修理する方法は葺き替えが原則です。
カバー工法による改修工事を行う業者さんも存在しますが、弊社では原則行っておりません。
劣化した瓦棒の上にカバー工法で新しい屋根を葺いても十分な保持力が期待できません。
中には、無理やりカバー工法を行ったがゆえに、強風時に吹き飛ばされた屋根もあります。
また、一部分だけ剥がして局所的な修理工事もできません。

  • 古い瓦棒の様子です。

    瓦棒の下屋根から雨漏りが発生しており、改修工事のご注文を頂戴しました。
    瓦棒を葺き替える工事を行います。

  • 既存瓦棒を撤去しました。

    既存瓦棒を撤去・処分しました。
    画像で確認できる白いシートはルーフィングシートです。
    軒先側が破れています。
    破れた箇所の木製下地に大きな穴がありました。
    水が入り込み腐食していて模様です。

  • 構造用合板を張ります。

    古い下地の上に構造用合板を張ります。
    合わせて雨漏りで腐食していた部位も補強しました。
    安心です。

  • 構造用合板張り完成です。

    構造用合板張り完成です。
    次に新しいルーフィングシートを敷き込み工程に移ります。

  • ルーフィングシート敷き込み完成です。

    ルーフィングシートの敷き込み完成しました。
    屋根は構造上、2重に防水対策が講じられています。
    「仕上げ屋根材」と「ルーフィングシート」による2つの防水があります。
    ルーフィングシートにはグレードがあります。
    耐用年数が10年の製品から60年の製品まであり、様々です。
    弊社で標準的に用いるルーフィングシートは田島ルーフィングの「P-EX+」です。
    改質アスファルトルーフィングに分類される商品で、耐用年数はおよそ20年です。

  • 新しい瓦棒を葺きます。

    新しい瓦棒を葺きます。
    新しい屋根材は瓦棒に限らず、成型ガルバリウム鋼板やコロニアルでも大丈夫です。
    しかし、勾配の問題で瓦棒は瓦棒もしくは立平に葺き替えることがほとんどです。
    瓦棒は低勾配向け屋根であり、低勾配では成型ガルバリウム鋼板を葺くことができないからです。

  • 屋根と壁が接触する箇所は雨漏り頻繁に起こします。

    屋根と壁が接触する部位はL字型の板金を取り付けます。
    雨漏りを防止する板金で、雨押え板金と言います。
    しかし、屋根と壁が元々連続性のない箇所である上、雨水が集中します。
    そのため、屋根と壁が接触する箇所は雨漏りが頻繁に怒ります。
    施工業者の技術力や経験によ工事品質が左右される箇所です。

  • 瓦棒の葺き替え工事完成しました。

    瓦棒の葺き替え工事が完成しました。
    従前の素材は亜鉛メッキ鋼板でしたが、現在はガルバリウム鋼板を用います。
    ガルバリウム鋼板になり瓦棒の耐久性も飛躍的に向上しました。
    お住まいになられた期間以上の耐久性が見込めます。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE