千葉市で雨漏り修理・屋根リフォーム業者をお探しなら

千葉市で雨漏り修理・屋根リフォーム業者をお探しなら

千葉市の雨漏り修理工事は当社が解決します

千葉市で雨漏り修理工事会社をお探しのお客様は「テイガク屋根修理チバ」に工事をご依頼ください。
当社は金属屋根工事に特化した工事会社です。
見積書の作成はサービスです。

建築後12年で発生したスレート瓦の雨漏り改修工事事例です。

千葉市の雨漏り修理 屋根リフォーム 工事完成写真

千葉市で行った雨漏り調査と屋根修理の様子をご案内します。

千葉県千葉市在住のお客様から雨漏り修理に関する調査依頼を受け、現場に伺いました。
旧屋根材はスレート瓦です。
既存の屋根はノンアスベストのスレート瓦です。
建築後12年が経過しています。
ノンアスベスト屋根材の中で、ぜい弱性が指摘されている屋根です。
スレート瓦の耐用年数は30年と言われていますが、アスベスト規制直後に販売されたスレート瓦は例外です。(全商品ではありません)
アスベストを代替できる素材開発が十分ではなく、耐久性が乏しい商品が販売されています。
商品によっては、急激に劣化が進行する製品もあります。
この時期に販売されたスレート瓦は、定期的に瓦の状態を確認するようにしてください。

千葉市の雨漏り修理 屋根リフォーム

旧屋根材を撤去します。

見積り提出後、正式に工事発注をいただき工事契約を交わしました。
今回の工事内容は葺き替えでした。
屋根の傷みが進行していない場合のスレート瓦は、カバー工法を採用します。
理由は工事費用と工事期間を抑えることができるからです。
しかし本来であれば、既存のスレート瓦を剥がして新しい屋根材へ葺き替えることがベストです。
ご予算のあるお客様には葺き替えをおすすめしています。
今回の千葉市の現場はお施主様の希望があり、既存のスレート瓦を撤去し軽量金属屋根材に葺き替えました。

画像は既存スレート瓦を撤去後の画像です。
雨漏りと下地の腐食状況を確認するため、ルーフィングシートも剥がす予定でしたが、ルーフィングシートが熱により溶けていました。
剥がすことができないため、お施主に確認いただきルーフィングシートはそのまま残すことになりました。

構造用合板を敷きます。

既存スレート瓦を撤去・処分後、新しい構造用合板を敷きます。
テイガク屋根修理が用いる構造用合板の厚みは12mmで、F☆☆☆☆製品を使用します。
F☆☆☆☆製品とはホルムアルデヒドが抑えられて製品で、建築基準法の規制対象外となり、使用に制限がない建材のことです。

ルーフィングシートを敷きこみます。

下地の上にルーフィングシートを張ります。
屋根は構造上、2重に防水対策が講じられています。
「仕上げ屋根材」と「ルーフィングシート」による防水です。
ルーフィングシートにはグレードがあります。
耐用年数が10年から60年まであり、様々です。
当社で標準的に用いるルーフィングシートは田島ルーフィングの「P-EX+」です。
改質アスファルトルーフィングに分類される商品で、耐用年数はおよそ20年です。

「スーパーガルテクトフッ素」を張ります。

仕上げの屋根材を張ります。
使用商品はアイジー工業の「スーパーガルテクトフッ素」です。
従来のガルバリウム鋼板にマグネシウムを添加した新しいタイプの金属屋根です。
塗膜は3層のフッ素タイプを使用しました。
製品保証が20年ある最高級品です。
金属屋根材の中でもグレードがあります。

棟板金の下地は「樹脂+アルミ」で構成されたハイブリット建材を使用します。
当社では木材下地は利用しません。
棟板金は風と雨水の影響が強く、木材では保持力の面で不安があります。
飛散リスクを抑えるため、腐食せず保持力を確保できるハイブリット建材を標準施工品として採用しています。

また、換気棟も今回取り付けました。
換気棟もグレードがありますが、標準品は1台当たり25,000円で施工いたします。

「スーパーガルテクトフッ素」を張り

大屋根工事が完成しました。

大屋根の改修工事、完成です。
金属屋根材は断熱材付きの製品を使用するようにしましょう。
私たちのもつ金属のイメージ通り、金属屋根材は熱を伝達しやすく、雨音が騒音になりやすい製品です。
断熱材があることで、熱の吸収と雨音の騒音が改善されます。

下屋根の工事に移ります。

下屋根の改修工事に移ります。
壁際は特に雨漏りが発生しやすい部位です。
壁際には雨押え板金と呼ばれる雨仕舞板金を取り付けます。
専門的な技術を求められる工事部位です。
当社は板金(金属)工事を得意とする屋根リフォーム会社です。
板金加工には自信があります。
金属を用いる屋根工事は安心して当社にお任せください。

下屋根の下地材を張ります。

下屋根は雨押え板金があること以外に関しては、大屋根と工事内容は同じです。
下地を張ります。

「スーパーガルテクトフッ素」を張ります。

最後に仕上げ材「スーパーガルテクトフッ素」を張ります。

千葉市の屋根リフォーム工事、完成です。

千葉市の屋根リフォーム工事完成です。
雨漏り修理とは「ルーフィングシート」「板金」「仕上げ屋根材」の3つを新しくすることです。
この3つの工事を行うことで、屋根の防水が20年、30年と機能します。
テイガク屋根修理は本格的な屋根修理工事を行う会社です。
千葉県千葉市で屋根修理工事をご検討のお客様は当社に一度、お問い合わせください。
お見積りは無料です。

千葉市の屋根リフォーム工事は当社にお任せください!

  • 千葉市は全域対応しています。工事センターから40分!
    千葉市は当社の市川・松戸雨漏り工事センターから40分で到着する距離です。
    万が一のトラブルの際に、駆け付けることができます。
  • その2 豊富な屋根材と高い技術をもった職人を管理しています。
    工事センターでは屋根材と職人を管理しています。
    直接工事の会社だからこそ、工事価格は低料金でありながら高品質です。
  • その3 外壁塗装工事も承っています。
    屋根だけではなく外壁塗装工事や金属再ディング工事、防水工事、各種エクステリア工事も承っています。
    足場を共同利用できるので工事価格はリーズナブル!
  • その4  板金工事を得意とする会社です。
    ガルバリウム鋼板屋根の工事に特化しています。それ故に、工事技術は一流です。
    和瓦から金属屋根の葺き替えやスレート瓦のカバー工法リフォームは当社が得意とする工事です。
  • その5 無駄な営業を行いません。
    スマート&シンプルをモットーにしています。できる限り、営業的な要素は全てホームページ上でご案内しています。
    見積もり作成は無料の上、押し売りは一切行いません。

その他千葉市の屋根リフォーム事例

千葉市の屋根リフォーム事例です。

千葉市の現場ブログ

千葉市で現場調査や工事を行った際の職人・現場監督ブログです。

過去の記事一覧へ