市川市の雨漏り修理・屋根リフォーム業者

市川市の雨漏り修理・屋根リフォーム業者

【市川市】雨漏り屋根のリフォーム工事事例

千葉県市川市の雨漏り修理工事会社をお探しのお客様はテイガク屋根修理チバに工事をご依頼ください。
屋根のリフォーム専門工事会社です。お見積りは無料です。

スレート瓦の旧屋根材の上に金属屋根材を被せました。

千葉市の雨漏り修理 屋根リフォーム 工事完成

市川市で行った雨漏り調査と屋根修理、外壁塗装工事をご案内します。

東京都葛飾区在住のお客様から雨漏り修理に関する調査依頼を受け、現場に伺いました。
旧屋根材は旧クボタのアーバニーです。
既存の屋根はノンアスベストのスレート瓦で、現在では販売されていません。
屋根に加えて、外壁塗装の見積もり依頼も頂戴しました。
屋根工事と外壁工事は足場を共同利用できるので、同時に進めることをおすすめします。

画像は屋根裏から発生した雨染みを撮影したものです。
屋根材とルーフィングシートの劣化が原因であると考えられます。

ドーマーまわりは雨漏りが生じやすい部位です。

ドーマーとはドーマーとは屋根から突き出した小さな三角屋根のことです。
主に屋根裏や室内への採光・通気を目的として付けられます。
ドーマーは構造上、屋根と立ち上がり結合部に雨仕舞い板金を用います。
この結合部は雨が集中しやすいため、雨漏りが発生しやすい場所です。
適切な板金加工が求められます。
テイガク屋根修理は板金工事(金属屋根工事)を専業にする会社です。
金属加工工事の技術には自信があるので、安心して当社に工事をお任せください。

ドーマーまわりは雨漏りが生じやすい部位

天窓まわりも雨漏りが生じやすい部位です。

天窓もドーマーと同じく雨漏りが発生しやすい場所です。
ドーマー同様、適切で高い板金加工技術が求められます。

アーバニーのリフォームはカバー工法がおすすめです。

旧屋根材の商品名はアーバニーで、スレート瓦です。
ユニークなデザインで人気のあった屋根材です。
平成13年12月から平成17年11月かけて販売されていました。
販売開始後、15年以上が経過し、改修工事のご相談が最近、増えています。
屋根の色が濃くなっている箇所は吸水を表しています。
屋根機能(防水能力)の低下を意味します。

見積書を提出し、正式に工事発注を頂戴しました。

正式に工事発注を頂戴しました。
今回は直接下葺き材張りカバー工法で屋根の改修工事を行います。
まずはじめに、棟包み(棟板金)を取り外します。

市川市屋根リフォーム工事 開始

ルーフィングシートを敷き込みます。

画像はルーフィングシートを敷き込んだ画像です。
直接、スレート瓦にルーフィングシート敷き込みます。
使用したルーフィングシートは田島ルーフィングの「P-EX+」です。

ドーマーの屋根は下地で補強いたしました。

ドーマーの屋根は劣化が進行していたため、下地を張って補強しました。
下地と下地に隙間が生じないよう特殊な防水テープを張ります。
テイガク屋根修理は小さな部材にもこだわる高品質の工事を行う会社です。

ドーマーの屋根は下地

壁際板金は雨漏りが生じやすいです。

壁際で用いる板金を雨押え板金といいます。
屋根と壁の際部分は雨漏りが発生しやすい場所です。
適切で高い板金加工技術が求められます。

壁際板金は雨漏りが生じやすい

テイガク屋根修理の板金技術は高レベル!

現在、屋根のリフォーム工事は金属板金と金属屋根材を用いるのがスタンダードです。
テイガク屋根修理は板金工事(金属屋根工事)を専業にする会社です。
金属加工工事の技術には自信があるので、安心して当社に工事をお任せください。

画像は仕上げの屋根材を被せた画像です。
使用商品はアイジー工業の「スーパーガルテクト」です。
従来のガルバリウム鋼板にマグネシウムを添加した新しいタイプの金属屋根です。
2016年に新発売されました。
その他、ガルバリウム鋼板屋根材は塗料や塗膜形成技術などが商品や製造会社によって違います。
金属屋根材にはグレードがあるので、お客様の予算に合わせてお選びください。

テイガク屋根修理の板金技術

シートを張る位置にも注意が必要です。

ルーフィングシートには張る順番や位置が決められています。
特に、壁際はシートの捨て部分(重ね部分)を多く取ることが雨仕舞い上、重要です。

最後に棟包みを設置します。

棟包み(棟板金)の設置は最後の仕上げになります。
棟包みの下地は「樹脂+アルミ」で構成されたハイブリット建材を使用します。
当社では木製品は使用しません。
棟包みまわりは風と雨水の影響が受けやすく、木製品では保持力の面で不安があります。
飛散リスクを抑えるため、腐食せず保持力を確保できるハイブリット建材を標準施工品として当社では採用しています。

テイガク屋根修理の職人さんの仕事ぶり その1

職人さんの横顔です。
真剣です。

テイガク屋根修理の職人さんの仕事ぶり その2

ドーマー立ち上がり部の仕上げを行っている様子です。
仕上げ材は屋根と同様、ガルバリウム鋼板屋根です。

テイガク屋根修理の職人さんの仕事ぶり 

外壁塗装工事開始、まずはシーリングの目地打ち。

屋根工事が完了し、外壁塗装工事を開始します。
まずはじめに行う工事がシーリング工事です。
外壁目地の打ち替えです。

外壁の目地埋め開始。

既存の目地をはがして、目地をコテで埋めます。
実はこの工事も専門性が高く、目地だけを専業にする職人さんが作業をします。

外壁塗装は3回塗りが基本です。まずは下塗り。

テイガク屋根修理の外壁塗装は3回塗りが基本です。
「下塗り」・「中塗り」・「上塗り」の3回です。

外壁塗装は3回塗りが基本

続けて中塗り。

続けて中塗りです。
基本的に同じ色で塗ります。

中塗り

上塗りです。仕上げになります。

最後に仕上げとなる上塗り塗装を行います。
軒下部分も上塗り塗装で仕上げます。

破風板塗装の様子です。

破風板も軒天と同様、汚れや劣化が進行しやすい場所です。
外壁塗装と合わせて工事を行うようにしましょう。

雨天時に雨漏りがないか確認しました。

雨天時に雨漏りが発生していないか、雨仕舞が問題ないか確認しました。
雨水はしっかり排水されており、雨漏りは改善しています。
これからは屋根に関する心配がなく、安心してお過ごしいただけます。

市川市の屋根や外壁に関する相談はテイガク屋根修理で!

  • その1 市川市の工事センターから40分です。
    千葉県市川市大野町に当社の工事センターがあります。
    市川市は万が一のトラブルの際に、迅速な対応ができる地域です。
  • その2 材料と職人を管理する倉庫があります。
    工事センターでは屋根材と屋根職人を管理しています。
    直接工事の会社だからこそ、工事価格は低料金でありながら定額制。
  • その3 外壁塗装工事も承っています。
    屋根だけではなく外壁塗装工事や金属再ディング工事も承っています。
    足場を共同利用できるので工事価格はリーズナブル!
  • その4  板金工事を得意とする会社です。
    ガルバリウム鋼板屋根の工事に特化しています。それ故に、工事技術は一流です。
    和瓦から金属屋根の葺き替えやスレート瓦のカバー工法リフォームは当社が得意とする工事です。
  • その5 無駄な営業を行いません。
    スマート&シンプルをモットーにしています。できる限り、営業的な要素は全てホームページ上でご案内しています。
    見積もり作成は無料の上、押し売りは一切行いません。

その他市川市の屋根リフォーム事例

市川市の屋根リフォーム事例です。

市川市の現場ブログ

市川市で現場調査や工事を行った際の職人・現場監督ブログです。

過去の記事一覧へ